• > 
  • シニア歓迎!芸能界のオーディションに合格する方法

シニア歓迎!芸能界のオーディションに合格する方法

毎日テレビやネットで目にするドラマやコマーシャル、映画など幅広い分野での芸能界では、たくさんの方が活き活きと活動をしていますので、それを見た方は芸能界に憧れることが多いものです。そこはさまざまな年齢層の老若男の方が活躍する場ですので、シニアの方も多くいらっしゃいます。

芸能界ではチャレンジしてみたいと思う熱い気持ちがあれば、ご自分の年齢のせいで諦めなくてもいいので、ぜひ前向きに考えてみてください。

シニアのオーディションにはどんな募集があるの?

シニアの方々は人生経験が豊かだからこそ、若い人とは違った役柄が出来たり、唯一の役どころとなったりもしますので、芸能界においてはシニア層の人材募集というのは、幅広い分野で多くあります。若いころから芸能界を夢見ていたのであれば、いくつになっても諦める必要などは全く無いということです。

また、シニアの方々はお仕事や子育てなども一段落ついたことから、今までとは違った何か全く新しいことにチャレンジをしてみたくなるものでしょうが、そういう方々もタレントや俳優を目指して、一から勉強されていらっしゃることが多いです。シニアタレントへの勉強を積むためにまずは芸能スクールや養成所などに通いながら、オーディションを受けて挑戦をするというのが、シニアタレントになる方法としては一般的です。

シニアタレントと言われているのは、おおむね40代以上の方を対象としています。シニア層としての主な仕事は、テレビドラマや映画、コマーシャルや舞台などのように、他の年齢層と同じように広い分野の俳優全般から募集がかかります。シニアの年齢にふさわしい役どころや、人生経験が活かされた雰囲気での作品などは、シニアであることが強みとなります。また雑誌モデルやチラシ広告、コマーシャルなどの生活に密着したお仕事も多く、普段の生活の雰囲気がそのまま伝わるような、消費者目線としての人材としても、シニアは需要がある年齢層です。

ドラマなどでは当然演技をする機会も多いですので、オーディションを受けるには、そのために必要な演技力やそれに伴う発声の仕方、表現力なども必要となってきますので、シニアタレントを目指す方の多くは、芸能スクールや養成所などで、それらをひと通りは学ぶことになります。その入所の段階でオーディションを実施するところもありますので、実際にお仕事を得るためのオーディションとは、それらはまた別になりますが、オーディションが夢を叶えるスタートラインであるのは間違いありません。

まずはご自分に合った通いやすいスクールや養成所を見つけたら、そこでオーディションを受けてみて、入所が出来るように頑張りましょう。そしてそこでレッスンをしながら芸能界で必要な演技や表現を身につけて、次はご自分のチャレンジしたい作品や役どころがつかめるオーディションへと、活動を広げていきましょう。

シニアのオーディションの流れとは

シニアのオーディションは、1次審査として書類選考を実施していることも多く、まずはこれに通過してから2次審査へと進めることが多いです。人気があって入所希望者が多くなる芸能スクールや養成所の場合でも、同じような流れのところが多いですので、書類選考の有無を確認しましょう。

順調にオーディションへと進めば、会場で受付を済ませてから自分の順番が来るまでは、控え室などで待機することが多く、そこで最終チェックをしたり、普段通りの実力が出せるように心を落ち着けて過ごします。その後入室を言われるのも単独の場合やグループでの場合など、オーディションによってさまざまです。毎年開催されているオーディションの場合は、緊張したり慌てないためにも、前回はどのようなスタイルであったのかを調べておく方が安心です。

そして入室後は、自己紹介や自己アピール、特技を披露したり実技審査などが一般的には行われています。それらが終わると、質疑応答に入って面接が続きます。書類選考で書いたことを深く尋ねられることも多いですので、自然に答えることができるようにしておきます。そして持ち時間が過ぎると退室という流れになります。入室したら基本的には主催者側がいう流れに沿って、はきはきとした挨拶を忘れずに、歩く時も座る時も姿勢を綺麗に保って、礼儀礼節の態度で臨むことが肝心です。

書類選考に通るための自己ピーアールは大切なこと

シニアの方もオーディションを受けるにあたっては、1次審査として書類選考があることも多く、それを通過して初めて2時審査のオーディションへと進めることが多いです。またオーディションを受けるためにスキルを身につけようと、芸能スクールや養成所に入ろうとする時にでも、書類選考によって絞られることが多いのです。それぞれのオーディションに合わせた審査基準を満たしている書類を作成することが、芸能界入りの最初の壁にもなりますので、通過するための書類作成が何よりも重要なことです。

書類には写真を添付することが一般的ですので、サイズや背景など応募規定に沿った写真を選ぶ必要がありますし、且つその人の雰囲気をしっかりと感じ取れる好感の持てる写真を選びます。ご家族やご友人の意見なども参考にしてみるのも良いでしょうし、写真館などでも履歴用の写真を撮ってくれますので、検討してみるのもおすすめです。第一印象はこの写真でかなり決まってしまいますので、書類選考での写真は重要な審査ポイントとなります。

そしてその他の書類の欄を埋めていくことになりますが、氏名や年齢、住所、学歴などの記載漏れがないかをチェックします。特に自己紹介をする欄や今回のオーディションの志望動機を書く欄は、審査をする人にしっかりとご自分のことをアピールする場所ですので、思いを込めて相手の心に響くような文章を綴っていきましょう。最初に考えをしっかりとまとめて、読む方にもわかりやすい文体と共感を与えられる文書、誤字脱字が無く丁寧な文字を心がけて文書作成をしていくことが大切です。ご家族や友人の方などに一度読んでもらうのも良いことです。

オーディション会場で実際に主催者と会えるのならば、そこの場で言えるのかもしれませんが、書類選考で通らなければそれも叶いません。主催者側にご自分の芸能への熱い気持ちを伝えるのは、書類上でのこの欄が最初で最後の場所だということを意識して、悔いのないように記述をしていきます。またシニアの方は人生経験もいろいろ積んできて豊富でしょうから、芸能界で役立ちそうな資格の取得や興味深いエピソードなどがあれば、上手に書類に加筆していくのもおすすめです。たくさん応募された選考書類の中からあなたの書類が審査員の目に留まることがまずは芸能界へのチャンスをつかむ第一歩ですので、ぜひ頑張ってください。

まとめ

芸能界ではドラマ、バラエティー、コマーシャルなどで多くの人材を募集しています。当然製作する企画によってもさまざまな年齢の人を必要としていますので、シニア層と言われる年齢の方も多くいらっしゃいます。憧れの芸能界にチャレンジしてみたいと思っている場合は、年齢は関係なくチャレンジが出来るということです。

シニアの方でもオーディションで合格をするために、必要なスキルを学べる芸能スクールや養成所などで学ぶ方もたくさんいらっしゃいますので、シニアのオーディションのことを知って対策を立てながらぜひ合格に向けて頑張ってもらいたいです。