• > 
  • モデルになりたいあなたへ!芸能オーディションの突破方法

モデルになりたいあなたへ!芸能オーディションの突破方法

芸能のお仕事でモデルの仕事は、雑誌などをはじめとして、テレビやコマーシャル、広告全般に目にする機会が多いものです。綺麗なファッションに身を包み、素敵な写真を撮ってもらいたいと思っている方も多いです。

年齢層も幅広く、子役からシニアまでさまざまな人材が必要とされていますので、それだけなれるチャンスも広がっているわけです。まずはオーディションの内容や求められるスキルを知って合格を目指してください。

オーディションのあるモデルのお仕事

モデルは日常の中のあらゆる場面で目にする機会もあり、多くの方が憧れる人気の職業のひとつです。ファッション雑誌を見てみると、綺麗なファッションに身を包んで、素敵な写真で紹介がされている方達がたくさん写っていますし、ファッションショーなどでは、有名デザイナーが制作したきらびやかな衣装をまとい、堂々とランウェイで歩いている方達を誰もがため息混じりに観たことがあるでしょう。特に女性は、自分もこんな風に綺麗に撮影されたい、素敵な衣装を着てみたいと、モデル達に強く憧れるかもしれません。昔も今も、なりたい職業のランキングの中では入ってきていますので、時代が変わっても憧れの対象の存在だというわけです。

ただしその仕事の内容はさまざまで、年齢層も幅広く、お子様からシニアの方までいらっしゃいますし、近年ではメンズのモデルの方々もたくさん活躍をされています。芸能界では、初期の頃にモデルを経て、その後に実力やスキルを磨いてさらに俳優やタレントの道へと進まれる方も多いものです。多くの方から見て、好感度が高い容姿が求められることがまずはオーディションに通るためにも必要ですが、その後は自分の頑張り次第でお仕事の幅を広げていけるのも芸能界の良さでしょう。

自分そのものをテレビや雑誌、ネットなどの媒体を通して多くの方々に見てもらうのと同時に、コマーシャルやチラシなどのお仕事でもあるように、モデルとして身につけているファッションや使っている雑貨や食べている食品や車といった、日常生活のあらゆる商品を宣伝するお手伝いとなるようなお仕事が多く、人物像とその商品がセットになって相乗効果を持つことで、消費者の購買意欲につなげたり、好感度アップを狙ったりするために起用がされることが多いです。たくさんの方々がその人を通して、商品に対するイメージにも繋げますので、姿形や身のこなし、雰囲気などの人物像としての魅力が、同時に必要になってきます。いかに商品を魅力的に見せれるかが最終的には求められていて、そのために多くの企業が、人材としてのモデルを募集するわけですので、非常に多岐に渡った商品でのお仕事があるということです。また一般的には同業種であれば、モデルの重複は商品のイメージ作りの邪魔になりますので、この点でも多くのモデルに仕事が分散することとなり、仕事の量が増えることになります。

また仕事現場によって求められるスキルもさまざまで、ファッション雑誌などの写真を使った広告ではスチールの撮影がメインとなります。けれどもテレビやネットでの宣伝に起用する場合ですと、写真撮影では無かった表現力や動き、セリフなどが必要となりますので、よりタレントに近い演技力が必要となってきます。依頼する企業が売る商品のイメージに合わせて、自身で雰囲気が変えられるような、臨機応変のスキルが現場では求められることになります。さらにモデルでの仕事をしている間は、素敵な容姿を長期間に渡って保っていく努力が必要とされています。モデルを目指して夢をつかんだ方は、日常的に食事制限やシェイプアップなど、ご自分の美しさを保つための自己投資を同時進行で続けていらっしゃる方が多いのです。ともすれば容姿は年齢には逆らえないところもあるのですが、それを保ち続けるということでは、それだけ自分に対する厳しさも求められる職業でもあるのです。

モデルになるためのオーディションの内容とその流れ

モデルのオーディションで重視される点というのは、俳優やタレントのオーディションの場合とは違って、より容姿スタイルなどが重視されることが多いでしょう。そのために、いかに自分を綺麗に見せたり、容姿を磨き続けるためのスキルを学んだり、必要に応じてダイエットを施しながら勉強をする芸能スクールなどに通って、オーディションを受け続けていく方が多いです。

特にモデルは、正しい姿勢でいることがもとめられ、いくらスタイルが良い人でも姿勢が悪いと見た目の魅力が半減するのです。歩く時も座っている時も、スチール撮影をする時も、モデルを最大限に魅力的に見せてくれるのは、この姿勢が基本ですので、オーディション時でも重視される点です。また、目の力というのも、その人となりを大きく左右する部分ですので、目でしっかりと表現ができる能力というのもオーディションでは審議されることが多いです。モデルが商品イメージを発信するために起用されることが多い以上は、容姿はもちろんのこと、顔の表情全体から商品の良さをアピールできる力があるかどうかは、オーディションでも見られている点でしょう。その上で、他のオーディションと共通したことで審議される点もありますので、芸能スクールではモデルだけではなく芸能全般で役に立つようなカリキュラムになっているところが多いです。

オーディションは企業が一般募集している物から、通っている芸能スクールなどからの情報、定期的に開催されている物などさまざまな募集がありますので、ご自分に合ったオーディションから力試しの意味も込めて検討していきましょう。またオーディションまでに書類選考を課している形式も多いですので、実際にはその書類に通過してから面接へと進んでいくスタイルが多いです。面接では自己紹介などをはじめ、モデルに必要な実技、自分をアピールできる特技の披露といったさまざまな視点から判断されることになります。モデルならではのウォーキングやポージングなどを実際にしてもらうことが多いでしょうが、これもやはり主催者によって違いますので、前回のオーディション状況なども一応調べておく方が安心です。

書類選考突破のためには最大限に自己ピーアールを!

オーディションを受ける前に書類選考がある場合も多いですので、しっかりと自己ピーアールができる書類を最初に作ります。特に添付する写真は、モデルに必要な写真写りや顔から滲み出る雰囲気などが、モデルの仕事にも直結する大事な部分ですので、自分らしく好感の持てる写真を選ぶことが必要ですし、写真館のプロに撮影してもらうのもおすすめです。

また書類に氏名や経歴などの他にも、モデルに志願する志望動機や特技なども記載する時は、相手がわかりやすい言葉で、誤字脱字をせずに丁寧に書き、自分の熱い気持ちをきちんと伝える文章を心がけます。たくさんの応募の書類の中から目に留めてもらうには、読んだ相手にいかに共感してもらえる内容かが大切です。そのため身近な人に一度読んでもらうなど、他者の印象も聞いて書くこともおすすめです。

まとめ

芸能においてモデルの仕事は、今も昔も憧れの対象でありました。日常のいたるところで、さまざまな商品の紹介や綺麗なファッションに身を包んで、商品全体としての素晴らしさをアピールしていく活躍をすることが多いために、モデル自身も商品のイメージアップや購買意欲になるような要素が多く求められます。そのために、他の多くのタレントや俳優などが求められているスキルと、それ以上にスタイルや姿勢、見た目の容姿の良さがオーディションでも審議の対象となることが多いのです。