• > 
  • 芸能スクールで行うカリキュラムとは?

芸能スクールで行うカリキュラムとは?

芸の道を目指す場合、スクールに通い自身の能力を向上しようと思う方も多いと思います。しかし、芸能と言っても分野によって様々な能力が必要になるケースがあります。カリキュラムでは基礎から専門的なものまで組み込んで授業を行い、能力向上を図って業界で活躍できるように訓練していきます。スクールで行う基礎訓練や専門的な内容はどのようなものなのか?具体的に見て確認しておきましょう。

ヴォイストレーニングや発生滑舌練習

どの芸能分野でも、必須になってくるのが「発声練習」です。テレビドラマや映画で演技の仕事を行いたい場合や、舞台で活躍したい場合でも、まずは声をしっかり出すことが重要になります。テレビを通して、または生の舞台で、見ている人々に伝わる声や演技を行わなければ、業界で活躍することは困難です。そのため、カリキュラムには必ず基礎としてヴォイストレーニングが入ってきます。

ミュージカルやアイドル部門でも発声の強化は必要不可欠になってきます。また、芸能の中でも声優の仕事の場合は滑舌が特に良くなければなりません。体や表情での演技が見えない、声だけで伝える仕事ではこれらの要素を強化する滑舌練習もカリキュラムに組まれていることも多いです。

トーク力のトレーニング

発声や滑舌を良くすることは基礎ですが、さらに向上させるべきものとして「トーク力」が挙げられます。芸人さんではなくとも、芸能関係の仕事に就く場合は必ず人前でトークを行わなければならない状況が出てきます。映画や舞台でのお客さんへの挨拶、ラジオやバラエティ番組などのコメンテーターなど、トークを行う場面は多くあります。

演技などの能力に長けていても、上手く喋れなかったり、空気の読めないようなトークを展開してしまうと、業界での仕事の幅が狭くなってしまいます。そのため、スクールではこのトーク力のトレーニングも入念に行っていきます。状況によって臨機応変に対応できるトーク力を身に付けることで、様々な分野で活躍できるようになります。

モデルなら歩き方やボディメイク

スクールでは専門的な分野別にカリキュラムが異なることもあります。芸能の仕事も様々な分野があり、それぞれ重視するトレーニングも異なります。モデルなど、演技を行わない分野ではモデル独特の歩き方やショーでのポーズ、服の魅せ方などをスクールでは学ぶことができます。また、モデルを目指すのであれば、体を作ることも重要です。

モデルならではのボディメイクをスクールではレクチャーしてもらえます。どんな服も着こなせるような体型の作り方やその維持を知ることで、業界で活躍することができるようになります。また、スクールで服のコーデ術などを学ぶことと共に、メイクも学ぶことができます。服との相性の良いメイク術を学ぶことで、さらに仕事の幅も広がります。

まとめ

業界で必要になる基礎は同じでも、分野によって重視するものが異なるケースがあります。芸能スクールのカリキュラムではどの分野にも重要な基礎のヴォイストレーニングや発声練習から、その分野の専門的なものまで組み込まれています。

テレビや舞台で活躍したい場合は、声だけでなく表情や体ごとの演技、モデルで活躍したい場合では体作りがカリキュラムに組み込まれており、それぞれ異なってきます。業界で活躍したい場合、自身が目指す分野をしっかり確認しておくことが大切です。

この記事をシェアする