• > 
  • 芸能界でシニアが活躍するために!どんなレッスンをするの?

芸能界でシニアが活躍するために!どんなレッスンをするの?

多くの芸能タレントが多方面で活躍をしていますが、年齢的にシニア層の方も多くいらっしゃるのを目にすることも多いでしょう。芸能の世界では年齢に関係なく、幅広い人材を求めています。芸能界への夢は、いくつになってからでも目指すことができるのです。

子育ても終わり、人によっては仕事も一段落をするシニアの方が、人生の新しい目標として、芸能で自分を表現したいと思う時は、どんなレッスンをするのかを見ていきます。

シニアのタレントの仕事内容や必要なスキル

芸能の世界では、多くの方が日々活躍をしていて、テレビやドラマ、映画や舞台、コマーシャル広告やチラシなどさまざまな媒体を通して、私達も毎日目にする機会があります。活躍をしているタレントの年齢層も実にさまざまで、現実社会と同じような年齢構成でタレントの人材も求められているのです。その中でもおおむね40代以上の方が、シニアタレントとしての対象となりますが、若かった俳優さんがシニアの人材となることもありますが、一般の方が芸能スクールなどでスキルを磨いてオーディションなどを経て、新しくシニアタレントの人材として入ってくることも多いのです。特に年齢層が高いシニアは、子育ても終わり、仕事も一段落して、第2の人生を自分のやりたかったことに充てる余裕のある方が多いです。若い頃に一度は夢見た芸能の世界にチャレンジをしてみるのは、大変素敵なことですし、人生に最後まで彩りを添えることにもなるのです。

実際にシニアの芸能の仕事は豊富で、ドラマにしろ広告にしろ他の年齢層のタレントと同じような幅広い募集があります。特にシニアが永く人生を歩んできた経験や年輪を持っている容姿や、達観したように穏やかな人柄の雰囲気を、商品宣伝に使いたい企業も多く、広告企画におけるコンセプトが家族の場合などは、必ずシニアタレントもその中に入ることになります。日常の何気ない景色の中に溶け込んだシニアタレントの雰囲気が、消費者にとって身近な存在となり、商品に対するイメージにも親近感が湧きますので、シニアタレントにはシニア独特の雰囲気がやはり欠かせないものです。

またドラマや映画などでも、同じように家族構成の中でシニアは多数出演していますし、その年齢にふさわしい役柄や人生経験が豊富な役柄などは、他の年齢層のタレントでは埋められないものがあり、シニアタレントの強みとなっています。他にもチラシ、コマーシャルなどは普段の生活を感じられることが求められていて、その中にごく自然な形でシニアも混じっています。特に今後は超高齢化社会を迎えることでもあり、シニアタレントというのは消費者目線の代表としての需要が、ますます増えていくことでしょう。特に人生経験が豊かだからこそ滲み出るシニアタレントの雰囲気は、若いタレントには無いものですので、唯一の役柄としての需要も多くあります。芸能の世界では、このように年輪さえも魅力のひとつとして表現ができますので、シニアタレントとして活躍をするのに関して、いくつになっても遅いということは無いのです。

このようなシニア独特の雰囲気を持っている上で、さらにタレントとしてのスキルも必要となってきますので、オーディション合格を目指している多くの方は、芸能スクールや養成所などでレッスンをしながらスキルを学んでいくことになります。必要とされるスキルも、一般的にタレントであれば求められることが必要となります。映画やドラマ、舞台などでの活躍をするには演技力が必要で相手が求める人物像を作れるスキルを身につけていきますし、同時に発生方法の練習や滑舌も良くなければいけないでしょう。それらが絡み合って、表現力も決まってきます。そしてご自分の持つ個性や雰囲気を大切にしながら、演技にプラスさせていくことが必要にもなってきます。

活躍するためのレッスンやカリキュラムの内容

シニアであっても一般のタレントが必要としている授業を芸能スクールや養成所などでは学ぶことになり、授業のカリキュラムとしてベースに組み込まれています。主に、ドラマなどで必要な演技力や表現をすることや、声をきちんと出せる発声法や滑舌を正しくするなどのレッスンですが、学校によっても授業形態やコースもいろいろですので、ご自分に合っていて長く続けていけるかどうかを、入所する前には確認することが大切です。

一般的には芸能分野でのカリキュラムとしては、発声練習が必須なところが多いです。写真などモデル以外であれば、テレビドラマであろうと映画であろうと、演技が必要となってくる仕事では、聞き取りやすい声をしっかりと発声することが前提として要求されます。特に舞台などの広い場所で観客に伝わる声を出すためには、一定の訓練が必要となってきます。そのために専門の講師陣などが実際にヴォイストレーニングを介して指導をしてくれますので、最初から出来なくてもだんだんと上達をすることができます。また芸能の中でも特に声優の仕事となりますと、もっと声に特化した専門のレッスンをたくさん積むことになります。目指すシニアでの活躍の場に合わせてコースが細かく分かれているような授業形態を選ぶと、よりピンポイントで密度が濃く学べるかもしれません。他にも喋ることに関しては、トークの力を磨くカリキュラムも多いです。多くの人の前で表現をする芸能の仕事となると、喋る機会が多くなったり、セリフも長くなることがありますので、トークを磨いていくことは必要となるのです。喋る他にも、実演をしながらの演技指導や、泣いたり笑ったりをはじめさまざまな感情表現ができるような指導を授業のカリキュラムとしているところが多いです。

授業も個人に合わせた力量でできるところや、マンツーマンが多いところ、グループレッスンがメインとなるところ、基礎的な内容から専門的な内容までのいろいろなコースに分かれているところなどと、学校によってさまざまです。公式ホームページがあれば訪れてみたり、資料請求をしてみるなどして、芸能スクールや養成所の雰囲気や授業形態の情報を得て、費用の面とも兼ね合わせながら比較検討していきます。

レッスンにかかる費用も知って計画的に!

シニアのレッスンにかかる費用というのは、学校や養成所によってもさまざまですから、実際にサイト訪問や資料請求を最初に行い、途中で費用面が問題となり諦めることが無いように計画を立てます。レッスンカリキュラムがオプションなっている場合もあれば、年間で総費用が決まっているところもありますし、高くても費用に見合った授業が受けられるかどうかも選択する基準としては大切です。所属するタレントが講師を務めて直接学べるところなどは、とても貴重な実習となりますし、有名な講師陣が揃っているところも学びの場として得る物が多いでしょう。

また大きく分けると、芸能スクールは芸能プロダクションが直営しているスクールと、そうではないスクールとに分かれています。認知度の高い大手プロダクションが直営していても費用はさまざまですので、入所してからデビューまでのしやすさなども合わせて考えていくこともおすすめです。

まとめ

芸能の世界に憧れて、シニアタレントを目指す方も多くいらっしゃいますが、私達が毎日テレビや映画、コマーシャルやチラシなどで目にするように、そこではシニア層に向けた仕事も多く存在しています。子育ても仕事も一段落して、ご自分のこれからの人生を憧れていた芸能の世界に求めることは、年齢などに関係なく出来るのです。必要となるスキルなどは芸能スクールや養成所などで一定期間学びながら、オーディションを受けるスタイルで夢を実現されている方が多いですのでぜひ参考にしてみてください。