• > 
  • 活躍できる子役になるための芸能レッスンとは?

活躍できる子役になるための芸能レッスンとは?

ドラマやコマーシャルや映画、ミュージカルなどでは、多くの子役達を目にする機会が多いものです。そんな姿に刺激を受けて芸能界に憧れるお子様も多いです。子役として芸能界で活躍するためには、どのような子役が求められているのかを知り、そのためのレッスンを芸能スクールや養成所などで積んでオーディションを受けることが一般的です。

活躍できる子役になるための芸能レッスンの内容や、スクールの選び方などをご紹介します。

芸能界で求められている子役達

テレビや映画、コマーシャル、バラエティー番組、さらにミュージカル舞台などの多くの場面では、子役と言われる子供のタレント達が、活躍の場を広げています。年齢に関わらずどの子も活き活きとした表情で元気よく、異なる芸能の舞台で大人と混じってお仕事をしていて驚かされます。芸能界で求められている子役達の仕事内容も広く、時代によっては流行や変化もありますので、その度に臨機応変に対応できる子供が求められています。

このような活躍の場が近年ますます広がっていき、子役タレントは常に業界では求められていますし、子役になりたいと憧れている子供も同時に増えてきています。そのため、子役のオーディションでは非常に競争率が高くなっていたり、合格するためのコツやスキルを習得しようと芸能のスクールや養成所で日々訓練をしている子供もたくさんいます。子役というのは、子供らしい子供である雰囲気を持っていることが、まずは求められています。その上でひとりひとりの個性や現場で必要とされるスキルなどをオーディションでは審議されて、求める役に最適な子供であるかどうかを選抜していくことになります。

芸能界で求められている子役は年齢もさまざまですし、活躍の場も多岐に渡っていて、子供達は企画の趣旨に合わせて歌ったり、踊ったり、演技をしたり、出来るだけ自然体で過ごしたりと、いろいろな役どころを担っていくことになります。一定のスキルや演技力を要求されたらきちんとこなせる力や、努力を惜しまず練習が出来るプロ根性を持ち合わせた子供が、芸能界が仕事をする現場である以上は求められています。その時に必要とされる力を発揮できるスキルを、芸能スクールや養成所などで勉強を積んでから、子役のオーディションに臨んで来る子供達が多くいるのが現実です。

ただし、演技などのスキルがあるなしだけで、オーディションの合格が決まっているわけでもないようです。何か光るものを持っていたり、特異性や将来の伸びしろを感じる子供など、プロの大人の目から見て選ぶ基準がいろいろとあるようです。そして子役達は大人と一緒になって、番組やドラマや舞台などを作り上げていくわけですから、お仕事をしているという意識を強く持った行動が、現場でもできることが求められます。子供なりに周囲に気を配って行動しなければならないことも多いでしょうから、礼儀や節度もある程度理解して行動ができる必要もあるでしょう。今までの友達との遊びがメインだった子供世界から飛び出して、大人と一緒に仕事を通じて共存をしていく世界での順応性がある子供が、ここでは求められることになります。

求められる子役になるためにはどんなレッスンをしていくの?

子役になるためには、さまざまな芸能のお仕事の場所で要求されていることができるようになるレッスンを芸能スクールや養成所などではすることになります。求められているスキルの中でも基本的な演技に関することや声を出すことに関することは、特に力を入れてレッスンをすることが多いです。これはお仕事の現場で多く要求されることが多いスキルなのと、オーディションでの審議で見られることが多いことから、特にレッスンでも重要と思われています。

演技に関しては、基本的な滑舌や発声がきちんとできることからはじまって、基礎的な演技の指導や何か課題を設定しての演技指導など、専門の講師によるレッスンを行います。スクールによってさまざまな訓練となりますが、一緒にレッスンに取り組むことで多くの子供達の中での協調性を育んでいったり、コミュニケーション能力も付けていくことが出来ます。

歌唱に関しましても、発声の基本法を学んでしっかりと声を出していくことをベースに、発声時の姿勢なども正しくできるようなレッスンを積んでいきます。最初は人前に立って歌うこと自体が恥ずかしいかもしれませんが、レッスンを通して歌うことで自分を表現する楽しさを知ってもらい、お子様の歌への気持ちが積極的になれたりもします。

子役というのは雑誌のモデル、テレビコマーシャル、ドラマや映画、舞台やミュージカルと必要とされているフィールドが広くありますので、その現場に応じて必要とされる演技や声を出すこと、歌唱などの基本を芸能のレッスンでは培っていくカリキュラムが多くなります。けれどもスキル以上に求められているのは、子供らしさであるのも事実です。演技力や歌唱力を身に着けるだけがレッスンの目的ではなく、お子様の持つ子供らしさをひきだせるような環境に配慮しながら、自分らしさを表現できるようにレッスンでは学んでいきます。

また大人に混じってお仕事をするために必要なあいさつや礼儀なども同時にレッスンを通して学ぶことになります。芸能の世界では今も昔もこの部分は厳しい世界ですので、子供であっても時間を守ること、きちんと挨拶が出来ること、正しい言葉使いなどが出来るように、ご家庭と一緒にお子様を導いていくことになります。これは芸能の世界だけでなく、社会生活全般に役立つレッスンでもあります。

レッスンをして夢に近づく芸能スクールの選び方

質の悪い事務所やプロダクションにつかまらないように、お子様が夢に近づける芸能スクールを最初に探すことが大切です。そしてお子様の才能をしっかりと伸ばしてくれることもスクールを選ぶ時の基準となります。そのためにもしっかりとした運営元であるかどうかは、確認をする必要があります。そういう意味でも芸能プロダクションが直営しているかどうかを確認するのは安心材料になります。

芸能界を目指してスクールへ通うのですから、しっかりとしたサポート体制があるという意味でも直営の場合には安心できます。できれば直営のプロダクションへコンタクトを取ってさらに確認をすることもおすすめです。全く関わりのない紛らわしい事務所などもありますので、大切なお子様を預ける以上は、念には念を入れて確認をしたり、ネットで情報を集めるなども大切になってきます。そして間違いなく夢に向かって一緒に頑張っていける場所だと確認ができれば、具体的なエントリーを考えるといいでしょう。

レッスンにかかる費用も知って無理せず計画しよう

通うスクールによって当然費用の面でも幅がありますが、小学生や中学生の場合でしたら、週2回のレッスンで月謝が最低でも1万5千円から3万円ほどのところが多いようです。レッスンのオプションをさらに増やせば高額になってきます。

ここにオーディションに通うための交通費や宿泊費、見学などの遠征をする場合なども想定すると、1年間で30万円以上はかかることも考えておかなければなりません。費用の面でもご家庭に無理が無いように考えておくことは、親御さんの務めでもあるでしょう。

まとめ

芸能界で活躍をしたいと思っているお子様やそんな我が子の願いを叶えたいと思う親御さんは多いものです。そのために求められている子役になるためのレッスンを芸能スクールや養成所などで受けながら日々頑張っている方も多いでしょう。

そこでは演技や発生などの基本的なスキルを身に付けるだけではなく、お子様の個性を大切にしながら子供らしい感性を育んでいくことができます。ぜひ夢を現実に近づけることができるお子様に合った信頼できるスクール選びをしてあげてください。