• > 
  • 芸能界を目指す人が受ける人気のレッスン!授業内容ってどんなもの?

芸能界を目指す人が受ける人気のレッスン!授業内容ってどんなもの?

テレビや映画、コマーシャルなどで芸能タレントを目にすることは多いですので、芸能界に憧れを持ち自分でも目指すようになる方もたくさんいらっしゃいます。この世界で活躍をしたりお仕事の現場で必要とされるタレントのスキルというのは、全くの独学ではなかなか難しいものがあります。
芸能スクールや養成所などではどんなレッスンをしているのかを知って、入所するメリットを感じる方は、ぜひ検討してみることをおすすめします。

芸能界ではどんな人材が求められているのか

ご自身が芸能界を目指すのであれば、まずはどのような人材が求められている世界であるのかを知っておくことは良いことです。そういう人物像に近づけるという目標にもなりますし、自分が芸能の世界に向いているかどうかを、客観的に考えてみることにもなります。

テレビやドラマ、映画や舞台やコマーシャルというように、タレント達の幅広い活動を見てもわかるように、さまざまな現場でいろいろな年齢層の人材が求められています。幼い子供は子役として、年齢が40歳を過ぎた頃にはシニアタレントとして、年齢の幅も広い人々が、芸能の世界では求められて活躍しています。雑誌などでは写真撮影をするスチールモデルが求められますし、セリフや言葉を専門に扱うのであればナレーターや声優のように、声に関する訓練をしてスキルも実力もある方が求められています。ドラマや映画や舞台の現場ではお芝居を演じるスキルを持った俳優が主に求められる人材です。

このように現場の企画によって、多岐に渡って人材の募集がされますが、どの人材でも演技力や表現力、発声がしっかりとできるスキルなどは基本として持っている人材であるのが特徴です。そしてその力をつけるために、出来る限りの努力を惜しまない人も、求められている人材です。

それぞれの人材が芸能で活躍するために必要なレッスンとは

芸能界の仕事の現場で一般のタレント達が要求をされるようなスキルを基礎から学べるカリキュラムが、芸能スクールの授業内容では主に組まれています。そのスキルというのは、私達がテレビや雑誌などで普段目にすることが多いタレント達の素晴らしい演技力だったり、ドラマなどで人を感動させるような表現力だったり、バラエティー番組などでトーク力が発揮されているようなことだったりと、いろいろな場面で見られるようなスキルということです。

特にスクールでのレッスンの基礎としては、まず声をきちんと出す発声法をマスターして、滑舌をよくするトレーニングには重きをおいています。ドラマや映画、舞台などとあらゆる現場では声を使って仕事をすることが多いです。聞こえにくい声やはっきりと聞き取れない声では、収録の段階で認めてもらえなく周囲にも迷惑をかけてしまいます。またどんなに素晴らしいドラマでも、声がはっきりとしなければ見る人に感動も与えられません。それだけ発声に関しては、タレントに要求されることも高いです。他にも声に関する授業では、人前で歌を歌うことに慣れてもらうレッスンをしたり、感情を込めてセリフを言うレッスンなど、声を出すあらゆるトレーニングをしていくことが多いです。

さらに著名なタレントが自ら講師を務めるスクールも多くあります。基礎から演じることを教えてもらうと、最初はできなかったことでも演技の実力がだんだんと付いてきます。実演をしながらの演技指導は勉強になりますし、泣いたり笑ったりなどの基本となる感情表現がスムーズにできるようになれば、ますますお芝居を演じることが楽しく思えてきます。実際のオーディション会場でも、演技力や表現力、発声の状態などは合格するための審議対象ですので、どのスクールでも力を入れたカリキュラムを持つところが多いです。反対に、これらのスキルが十分身についていないうちは、芸能界への道はまだまだ厳しいものだとも言えます。

芸能スクールによってさまざまな授業の形態や、さらに専門的に分かれていくコースなどもいろいろありますので、ご自分の目指したいタレントのスキルが身につくカリキュラムで、自身が無理なく続けていけるかどうかはスクールを選ぶ基準となります。授業の仕方も、個人個人に寄り添ってその人のペースで学べるところや、マンツーマンで教えてくれるところ、グループレッスンが主体になって授業が組まれているところというように、レッスンの進め方やスピードにも学校によって違いがありますので、最終的には公式ホームページを確認したり、資料請求をしてみるなどして、できるだけ実際の授業の雰囲気や情報を得て、通いたいスクールを決めていきましょう。

夢を叶えるためには計画を立てよう!レッスン費用はどれくらいかかるのか

レッスン費用は、各スクールによって本当に様々ですが、例えば小中学校のお子様が週2回のレッスンを行う場合には、月謝として1万5000円くらいはかかるところもあるようです。またもっと上の学年となり、タレント育成の専門学校などに通うとすれば、年間で200万〜300万かかる学校もあると言われています。またカリキュラムがオプションで追加できるところですと、さらに費用がかかることも考えておかなければなりません。実際には資料請求などして確認をすることが大切ですが、タレントになるために通うレッスン費用というのは、決して安いわけではないということですので、資金面にも余裕を持って計画的に捻出することを考える必要があります。

さらに芸能界を目指すには、オーディションを定期的に受けることになりますので、レッスン費用以外にもオーディション費用もかかってきます。オーディション自体が有料の場合もあれば、無料の場合もありますが、遠方でしたら行くための交通費、宿泊代なども考えなければいけませんし、年間にすればオーディション用として30万円以上かかることもあるようですので心しておきましょう。

オーディションに合格しなければ仕事に直結しなかったり、芸能界への道が遠のいたりもするわけですから、どれくらいの期間、スクールでレッスンを積んで学べば合格するチャンスをつかめるのかによっても、総費用は変わってきます。当然ながら、スムーズにデビューができた方は、費用面でも負担が軽くなります。

子供が子役などを目指して芸能スクールに通う場合でしたら、高校の代わりに芸能関係の専門学校へと進む若者とは違って、本来の学業と同時進行にレッスン費用を捻出していくことになりますので、保護者である親御さんの負担もより大きいものとなります。このように決して安いわけではない費用を払って、夢のために厳しいレッスンをしていくわけですから、入所を決めたら授業を無駄にすることなく、そこでスキルをしっかりと身につけて頑張っていただきたいです。

まとめ

芸能界で活躍することを目指している人は、必要なスキルを効率的に学んでいくために、芸能スクールなどに通ってレッスンを受けながら、芸能界入りのきっかけであるオーディションを受けて、合格を目指していく方が多いです。そのために通うスクールでのレッスンというのは、独学ではなかなか難しい発声法や演技力のレッスンなどを専門の講師陣の元で基礎から学べるので、人気があります。

学校によって授業内容や費用面でも違いはありますので、ホームページや資料などで確認をして自分に適したスクール選びをすることが大切です。